« バーベキュー | トップページ | 辻立ち »

2012年6月 3日 (日)

大洗維新の会

大洗で活躍する若手有志の皆さんが、子孫に誇れる自主自立のまちづくりをめざし、大洗維新の会を立ち上げました。設立総会、事務所開きに講師として招かれ、町の現状と課題、将来展望などについて話をいたしました。若い皆さん、熱心に耳を傾けていただきましたので、知らずしらずのうちに力が入り、時間を忘れての熱弁となりました。本当にありがとうございました。ご隆盛を心より、お祈りいたします。
1338726494336.jpg

1338726509220.jpg

1338726634151.jpg

|

« バーベキュー | トップページ | 辻立ち »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

もっとクリエイティブな発想が必要です。 残念ながらもう、海では人は呼べないし、発展はないでしょう。 大洗にやって来て20年余りの人間の、戯言でした。

投稿: とよし | 2012年7月 4日 (水) 19時09分

大洗町に転居して、面倒くさいことがひとつあります。
それは東茨城郡を記載することを強要されることです。
先日水戸署である申請をしたら、東茨城郡が記載されていないから受理できないとのことです。理由を聞いたら『どこの大洗町だか分からないから』だそうです。大洗町は日本に一つしかなく、当然茨城県内にも一つしかない、水戸署の所轄である水戸市、茨城町にも大洗町という住所は存在しないので、大洗町のみで特定できるはずです。行政機関としての郡制度は大正15年に廃止されており、平成の大合併により同じ名前の市町村は減少し、郵便番号制度により住所としての郡記載の意義も消滅したと思います。郡記載の強要は水戸市民以外住民に対する差別ではないでしょうか?行政書士としてのご意見も教えて下さい。○○郡と書くのは、都市部から転居した際に結構気になることなのです。

投稿: 東茨城郡不要論者 | 2012年8月 5日 (日) 00時20分

コメント、ありがとうございます!私自身も、常日頃から抵抗に近いものを、感じておりました。出張などの時、大洗町から記載することがほとんどで、どうしてもの場合は、群を省略し茨城県から記載します。常澄村が水戸市に合併する際、友達が『これからは、宿帳に書くのが楽になる』と冗談混じりに話していたのを思い起こします。たしかに、今の時代、書かされる方からすると、差別と感じる部分もあります。行政機関等への書類は、少なくとも郡から、となっていますが、ご指摘のとおり、一律化するのではなく、車庫証明など、明らかにわかるものについては、省略できるようにすべきでしょう。なんらかの機会に、提言してみます

投稿: 国井ゆたか | 2012年8月 7日 (火) 05時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345201/45517787

この記事へのトラックバック一覧です: 大洗維新の会:

« バーベキュー | トップページ | 辻立ち »